×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


















ずっと、耳の奥に響く音がある。
遠く、何処からか判らない海の彼方から響いてくる低い音。
洞穴を吹き抜ける風の音よりも深く、波戸で砕ける波の音より重く、
夜の海を渡ってくる音。
遠くで波がうねる音が、遥か距離を渡っていくつも重なって轟かせる音だと、
プリキュアが言っていた。
海鳴りと名の付く、海の息づく音だと。
薫の瞳は、水平線の彼方を射る。
真っ黒の夜空と、何も無い海が溶け合う程の遠く。
月が空に浮かんでいた。
欠けの無い丸い月が、夜に淡い光の輪を広げる。
夜空に散る無数の星々と共に、風に流れていく黒い影のような雲を照らしながら。
耳に風が囁いていく。
背中から吹き抜けて、月の輝く水面に向かって駆ける。
すいへいせんの先まで伸ばす、白い月明かりの道の方へ。
水面に揺れる、微かに光を放つ一筋の道。
「薫。」
映り込んだのは一片の声と、一人の姿。
空に浮かび、光の道を背にこちらを見上げる満が立っていた。
赤い髪がぼうっ、と月映えしている。
仄青く、眼差しには海と月光がたゆたう。
「なに、満。」
唇の先で、薫は音を紡ぐ。
海鳴りと混ざる微かな声。
「別に。」
満は褪めた口振りで呟くと、薫の視線の先を追った。
水平線へと振り返る刹那、服が風に翻る。
月の道へと向かう満の後ろ姿が、淡い光に縁取られる。
満が月に向かって、光の道を歩いていくように見えた。


滄溟の月