×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




みから始まる。












「だーれだ?」

雨が空から落ちてくる。
ぽつぽつ、ぱらぱら、と。
屋根を伝った雨水がまばらなカーテンを引く。
真っ白で透明なカーテン。
木の葉の上や、屋根を叩く雨水の音。

それらが一瞬で、真っ黒になった。瞼を覆う、温かい手の平。
「み・・・、み――――。」
と言い掛けて舞は口を噤んだ。背後にぴたっと張り付いた悪戯っ子がとても楽しそうにしている。
舞は少し考えて、違う名前を口にする。
「みのりちゃん?」
後ろの子が言う。
「違うわよ。」
笑みを含んだ声。今、どんな表情をしているか、見なくても判る。
「えっと、それじゅあ・・・宮迫くん?」
み繋がり。
「どうしてよ。」
不満そうな声に変わると同時に、背中が圧迫される。のしかかり攻撃だ。
「今から10秒以内に正解を言わないと―――――。」
言いながら、どんどん力をかけてきて、舞の体を前屈姿勢に押しつぶしていく。
「え、ええっと・・・。」
「10、9、8」
「三上さん!」
「7!・・・っていうか、誰よそれ。」
「美術部の新入生なの。
 とっても優し―――。」
「6!」
「あ、ひどい・・・。え、えっと、」「5!」「それじゃあ・・・。」
ぐぐ、っと舞の体がもう一段階前のめりになる。
頑張って対抗してみるが、こうまで体重を思い切り掛けられると、
「重い・・・。」
「4。じゃあ早く当てることね。」
あと、みから始まる人は・・・・、と舞は考える。考えるうちに進むカウント。
「3、2ー!」
「え、えっと・・・・」
掛かっている体重も限界。耳元でする声も大きい。
「いーち!」
舞は咄嗟に、脳裏に浮かんだ、懐かしい人の名を叫んだ。

「ミズ・シタターレ!」

「ぜろー!」
その声と共に、舞の身体はぺしゃっと潰れた。上には声の主が布団か何かのように乗っかっている。
「もー!
 満さん重ーい!」
首に腕を回して、しがみついてくる満に、舞はとうとう悲鳴を上げた。久方ぶりの光に目を瞬きな
がら、満を振り仰ぐ。
「判ってたのにずーっととぼけてる舞が悪いのよ。」
何とか起き上がってきた舞の頭の上に顎を乗っけて、満がツンと言い放つ。さっきのずっしりとし
た重さは、大変だったけれど。
こんな重さを感じるのはうれしい。
舞は、ふふ、と笑みを漏らした。
「なーに、舞。
 にやけちゃって。」
尋ねられて、舞は一層微笑んだ。
「ううん、何でもないの。」
舞のその澄ました様子が気に入らないのかなんなのか、満はぽつっと一言漏らす。意地悪で。
「いやらしい。」
舞の動きが、一瞬止まる。
「い・・・いやらしくひゃんひゃ――――!」
その間に、両頬をつねって、言語統制。ううー、と舞が恨めしげな声を上げた。
むにむにとあらぬ方向にひっぱってみたりして、舞の顔が変わるのを満は上から覗き込む。
「舞のほっぺたって、見かけよりも柔らかいのね。
 咲とどっちがやわらかいか、今度比べてみなきゃ。」
「うー・・・。」
舞の目尻にうっすら涙が浮かんできたのを見て、満は指をぱっと放した。そして、何事も無かった
かのように立ち上がると、ぐっと背筋を伸ばして、軒先から空を仰いだ。木の葉から大粒の水滴が
ぽつ、ぽつと何度も落ちる。
満につままれていた頬はそこはかとなく赤い。舞はでこぼこを平らに直すみたいに、手でさする。
「満さんのいじわる。」
呟くと、満がきょとんとした表情で、舞を見る。すると、ちら、と伺うように視線を上げた舞と目
が合って、満は、
「そうかしら?」
といたずらっ子の笑みを浮かべた。











-------
うっかり書いちゃったよ第二弾。
大好きな板に貼ろうと思ったけどやめた、お蔵入りともいう。

07'09.16