×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

















窓の外は、茜色の空が広がっている。
窓枠に切り取られたオレンジの空に浮かぶ雲も赤い。
差し込む光が部屋の中も、みのりの頬もオレンジに染めていた。
陰は濃く長く、飛んで行く鳥も黒い影に見える夕暮れ時。
扉を開けた咲が見たのは、座り込んで空を見上げるみのりの背中だった。
「みのり、起きたんだ。」
普段なら咲が来たと判ればすぐに飛んでくるのに、みのりは外を眺めたままだった。
振り向かないまま、朧な声が「うん。」と小さく返事をする。
咲は静かに扉を閉めると、みのりのすぐ後ろに膝をついた。
「起きたばっかり?」
言いながら、少し乱れているみのりの髪を手で梳いた。
遊び疲れて寝ていたみのりは、まだ目が覚めきっていないのかされるがままにしている。
みのりからはほんの少しお日様の匂いがした。
「あのね。」
ふ、っとみのりが口を開いた。
咲はその横顔を覗き込む。
幼い瞳には夕焼けの緋色が滲んでいた。
「お空を歩いてる夢を見たの。」
濃い陰影の差し込んだみのりの横顔は、空を仰いでいる。
「でも、目が覚めたら、飛べなくなっちゃった。」
ぼうっとそう呟いたみのりの視線の先を追って、咲は窓の外へと目を向けた。
焦げ付いたような赤い空で、雲が金色に輝いている。
空を渡る風の足音が聞こえてきそうな程になめらかに流れる雲。
「お空を本当に飛べたら、気持ちいいのかな。」
みのりはそう呟くと、咲の手を取ってぎゅっと握った。
一回り小さなその掌を握り返し、咲は夕日を見つめながら頷いた。
「うん、きっと、すっごく気持ちいいよ。」