×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












最近、朝晩は寒い。
9月も終わりに近づいていて、衣替えの時期はもうすぐそこで。
6時になってしまうと、もう日は暮れてしまっていて、
西の空の片隅に赤い光が、
染まりだした雲の合間で一抹の残照となっているだけだった。
頭上には、日が暮れた空。
風が強くなりだして、昼の熱を全てさらっていく。
私の指先からも、肌からも。
空気を吸い込めば鼻の奥が冷たくなって、体の内側からこうして、
冷えていくんだろうって思うのに。
背中から回された両腕が、押し当てられた体が、
冷えていく私に止め処なく終わりない熱を与える。
暗くなっていく視界の中に、金糸が舞った。
それを輝かせるものは何もない。
太陽は消え、行く筋もの大河のように流れる厚い雲の合間に、まだ星は見えない。
それなのに、私の目には、彼女の金髪は確かに光を放って見えた。
触れることの出来ない光。
彼女が私に回した腕に力をこめた。
それに同調するように、引き攣るような彼女の嗚咽が強く耳に突き刺さる。
泣いている彼女。
でも、私には触れることなんて出来ない。
彼女は耐えられないだけなんだ。
その赤い瞳にいつも写していた人が、また傷ついたということが、
苦しくて、それで誰かに縋らずにはいられなかった。
墜ちた、なんて形容するほどの怪我でもない、
ただ出動先で相手にしてやられた、という程度で、本人もけろっとしていた。
けれど、彼女の目にはフラッシュバックしていたんだろう、
数年前の、ある境をさ迷っていた人の姿が。
私は彼女の腕に抱かれながら、彼女の嗚咽を聞きながら、西の空をにらみ続ける。
次第に寒くなっていく私の指先は感覚が落ちていく。
けれど、背中や首の辺りは暖かい。
そう、寒気を感じる要素なんて、本当にわずかなのに。
赤い光が、だんだんと色彩を欠いていく。
地平のかなたにある、青空を追いかけて。
そうだ、青空なんてどこかに行ってしまえばいいんだ。
赤い色と共に。
そうしたら、夜が来るから。
暖かい彼女の腕の中で、私は胸の奥が冷えてゆるやかに凍り付いていく音を聞いていた。
一陣の風が吹く。

こんなの、私が望んでたものじゃない。