×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












教室で足元に滑り込んできた冷たい風に、
近く迫った秋を、遠く佇んでいる冬を想った。
薄青く澄んだ高い空を見上げ、それからはやては視線を下ろして行く。
緩やかに弧を描く蒼穹に、静かに聳える中学校の校舎が映えている。
鳴り響いたチャイムの残響も、快晴の空に飲み込まれ、
風の音だけがはやての胸の中に溜まり始めていた、昼休みの終わり、5時間目の始まり。
中庭の植え込みの下、芝生の上には良く見知った人が寝ていた。
「なにやっとんの、この人は。」
はやてはため息混じりに呟いて、気持ちよさそうに目を閉ざしている人の顔を覗き込んだ。
木の葉の影が眩しい日差しから顔を守っていて、その肌の上を風が撫でていく。
煽られる金色の前髪。
どうやら目を閉じているだけではなくって、
ちゃんと眠っているようで、はやての声に対する反応はない。
「こんなに堂々とサボるなんて、
 フェイトちゃんって意外と大物やったんなぁ・・・。」
呆れの混じった声が陽だまりの中に落ちる。
フェイトの顔に、小さな花が一つ降った。
オレンジ色の小さな花は、よく見れば広がった髪にもいくつか絡んでいる。
甘い匂い。
秋を告げる、それは金木犀だった。
何処かから香っていると思っていたら、目の前の木で、
その下で寝ているフェイトが可笑しかった。
「よう眠れるなあ、こんなところで。」
小さく声を上げて笑うと、はやては左足を大きく後ろに引いた。

そうして、気合一閃。

「はよう、起きんかい!」
大声を出すと、フェイトの足を思いっきり蹴り飛ばした。
痛そうな音を立てて、フェイトの足が跳ね、
フェイトは飛び起きた。
「え、な、なに!?」
芝生と金木犀を頭につけたまま、フェイトが何事かと頭をきょろきょろ左右に振る。
その顔は最終的に、救いを求めるようにはやてを振り仰いだ。
はやてはフェイトを見下ろして口を開く。
「もう5時間目始まっとるで。
 いつまで寝てんの?」
起き上がったフェイトは目を丸くした。
「え、本当?
 じゃあ、急がなくっちゃ。」
埃を払いながら、フェイトが立ち上がる。
サマーセーターについた花は落ちるが、髪に絡んだ花は取れない。
はやては見かねて手を伸ばすと、長い髪を手に取った。
「ほら、金木犀の下なんかで寝るから、
 めっちゃ絡まっとるやない。」
花を取りながら、はやてが呆れて言う。
フェイトはごめん、と小さくこぼして、されるがままはやての指先が動くのを見つめた。