×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












あいしてる、だとか。
すき、だとか。
そんな曖昧な言葉に、私は惑わされたりなんかしない。

日の落ちていく教室は、椅子と机の影が長く床に伸びていて、
雑然と何かを囲っているようだった。
多分、私のことだ。
だってほら、窓に寄りかかって立っている私の影は、
椅子と机の織り成す格子の影に囚われている。
頭の先まですっぽりと。
背中へと突き刺さる、遠い西日の熱。
目に焼きつくのは、教室に落ちる暗い影ばかりなのに。
私は音を立てずに唇を動かした。
先ほど、この教室の空気を埋めた言葉の形骸をなぞる。
言葉はいずれ消えてしまう。
耳の奥にすら、いつまでも残響としてあり続けることは出来ない。
だから私は声を出さない。
だって、言うわけないから。

あの人が、私を好きだなんて、言うわけない。