×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












彼女が、夜空に手を伸ばした。
遠い街灯と星明りで見える横顔に薄く笑みを浮かべて、見上げても果てしない夜空に手を伸ばす。
星を掴むには、空は高すぎる。
指先の欠片すら、夜空に染まりすらしない。
でも、彼女は笑みを浮かべたまま、今は宵の色に翳った赤い瞳で、
伸ばした手を、指先を折り曲げて何かを掴む。
冷たい風に煽られて、金色の髪が舞った。
はやては寒くて、でも、道を急ごうとは口に出来なかった。
立ち止まったまま、空を見上げる彼女を見つめ。
そうして、緩やかにその手の先を追う。
真っ黒い夜空。
そこに、いくつも散らばる、点のような光。
瞬く星。
その下で、風が吹いて、雲が流れている。
フェイトの握られた手が降りてきた。
フェイトがはやてを振り返る。
だから、はやては問いかけた。
「星は掴めた?」
その言葉に、フェイトが仄かに笑った。
「私の星は、隣に居るもの。」