×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












「チ、ヨ、コ、レ、イ、ト。」
ぶつ切りの言葉に合わせて、はやてが階段を一段ずつ跳ね上がっていった。
小さい神社へ続く、石で出来た古い階段は、左右の木々に覆われていて、
まだ下の方に立っているフェイトからは、
まるで緑のトンネルのように見えた。
厚い常緑樹の葉は濃い緑をしている。
はやてがフェイトを見下ろして、右手を振り上げた。
それを合図に、二人の声が重なる。
「じゃーんけーん、ぽん!」
はやての手は、しっかりと握り締められたグー。
フェイトの手は、二本の指が突き出たチョキ。
はやてはくるっとフェイトに背をむけると、大きく腕を振りながら、階段を駆け上がる。
「グ、リ、コ。」
前に数えてみたら、はやてにとっては69段、フェイトにとっては68段あった階段の、
真ん中よりは下にはやては立った。
もう一回、チョキかパーで勝てば一度平らなところに出る。
対して、フェイトはまだ下から三段目だった。
「私、もう真ん中についてまうよー!」
はやてが大きな声を上げた。
降り注ぐ声に、フェイトは左手でランドセルの肩紐を握り締めながら、
右手をぶんぶん振った。
「これからだよ!
 私、負けないよ!」
はやてがちょっと意地悪に笑う。
「いやいや、そうはとんやがおろしませんよー!」
狭い階段の上で、危なげなくぴょこぴょこ跳ねてはやてが言う。
そうすると、やまびこか何か見たいに、谷底からフェイトの声が返ってきた。
「とんやってなにー?」
はやてはフェイトを見下ろすと、はっきり答えた。
「しらへーん!」
時代劇で言ってるのみただけー、と続けると、フェイトは少し小難しい顔で首を傾げた。
いつもは自分より少し高い背丈のフェイトを、今や頭のてっぺんから見下ろしている。
はやては上機嫌に眼下の景色を眺めた。
長くて急な階段、その下のフェイト。
坂の上にある神社は、もっと先に目をやると、町が一望できた。
ほんの少し霞んだ、鮮やかな町並み。
自分達が、住んでいる町。
「家に帰ったら、母さんに訊いてみるー。」
いつの間にやら悩み終わったフェイトが、はやてに向かってそう叫び返した。