×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












ゆるい眠気が目蓋を撫でていた。
ソファに体を横たえたまま、はやては意識して瞬きを何度も繰り返す。
リビングのテーブルではのんきな家人達が古いボードゲームを広げていた。
海鳴の家に置いてきたと思っていたのに、いつの間に誰が持ってきたのやら、
不思議に思うも唇は動かない。
耳がだらだらと皆の会話を右から左へ垂れ流す。
夕飯も終えて、暖房がぼうっと体を包む。
「1、2、3・・・・あ、子供うまれた。」
「ヴィータちゃんすごいです、もう4人目ですよ!」
「車がぎゅうぎゅう詰めだ。」
安いプラスチックのルーレットがからから回る音が耳朶を叩く。
「うっ。」
「あらシグナム、解雇されちゃった。」
弾む声を聞きながら、脳裏に皆の顔が過ぎる。
見てもいないのに顔が見える。
はやては長い息を吐き出して、寝返りを打った。
鼻先をソファの隅に埋めると少し息苦しかったけれど、肘掛けの具合がちょうど良い。
腕を組んで目を閉じると、誰かが薄手の毛布を掛けてくれた。
「ザフィーラ、次はおまえだぞ。」
シグナムが呼ぶ声がすると、毛布を肩まで引き上げた手が離れていく気配がした。