×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












浮かんだ言葉を噛みしめると、乾燥した下唇が割れた。
開いた肉を思わず舌先で舐めても、滲んだ血の味は分からなかった。
地面についた手に汗が滲んで砂がこびりついても、
日差しが黒く自分の影を刻んでも、
震える足で踏みつけにしても、
どうしようもない。
今更、だ。
今更、ここに至って何を思ってみても、何を憤慨してみても。
今はもうどうしようもない。
中途半端な力しかなくて、中途半端なやさしさしかなくて、
何もかも半端だから私は人を傷つけるんだ。
体操服の肩で目頭を拭うと、砂とあまったるい汗の匂いが鼻をついた。
顔を上げると青空と白い雲の下、校庭をクラスメイトが駆けて行った。
今、徒競走の空砲が白煙を上げる。