×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。












車のドアを後ろ手に閉めると、フェイトは背後を振り返った。
郊外型ショッピングモールの屋上駐車場はまだ空いていて、
バスケットボールでも出来そうなくらいだった。
「フェイトまま、運転ありがとー!」
フロント側を回ってきたヴィヴィオが、フェイトの腰に後ろからしがみつく。
「どういたしまして。」
腰を捻り、小さい頭を撫でると、ヴィヴィオは額を腰に押し付けた。
シャツ越しに温かい感触が伝わる。
「ほら、二人とも行くよー。」
買い物かごを提げたなのはが手招きをする。
グラデーションを描いて地平線から立ち上がる青空に、
連なる低い雲が草原を作っている。