×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








旅立つあなたに花束を A





 夕食の席ではやてが言った一言がきっかけだった。
「授業参観…とはなんですか?」
 代表して訊いてきたのはシグナムだった。
「学校でな、みんなが頑張ってるところを、
 お父さんやお母さんに見せたろいう日なんよ。」
 はやて少し身を乗り出して、口早に答える。
 はやては何でも、楽しそうに話すけれど。なんだかいつもより積極的だ。
 ヴィータがご飯茶碗を置いて、はやてを見た。
「はやて、授業参観に行きたいのか?」
 その言葉に、はやての顔が真っ赤になる。
 両手と首をぶんぶん振りながら、矢継ぎ早に否定の言葉を並べ立てる。
「そんなんちゃうよ。
 ただなのはちゃん達が、明日授業参観なんだー言うてたから。
 みんな授業参観とかどんなもんか知らないやろなあ、思っていっただけやよ。」
 ホントそれだけやから、とはやてが力説する。
 皆がはやての顔を見た。家族になって、もう丸一年経つ。見逃したりなんてしない。
「それじゃあ、明日、行ってみましょうか。」
 シャマルが手のひらを合わせて微笑んだ。
 案の定、はやては眉を歪めてシャマルを見上げる。
「いや、でもわたし、学校なんてまだろくに行けてへんから、
 みんなに見せるような普段頑張ってる姿なんてあらへんし。」
 そう答えると、横手からヴィータが提案してきた。
「じゃあ、なのはとかテスタロッサの頑張ってる姿見に行けばいいんじゃん。
 それなら問題ないだろ?
 あいつらが机に座ってまじめに勉強してる姿なんて、想像しただけで笑えるよな!」
「いや、でもわたしまだ全然、歩くなんてレベルやないし。
 学校は階段多いから行けへんよ。」
 はやての否定の語調が強くなる。でも、瞳の奥に、隠し切れない期待の色が、段々強
くなっていってることに、みな気付いている。シグナムが口を開く。
「それは問題ありません。私が階段では抱き上げて行けばいいだけですから。」
 はやてはもうぐうの音も出ないようで、三人の顔を何度も見る。
「で、でもみんな、大変やろ?
 ええんよ、わたしの為にそんなしてくれなくて。」
 言葉の割に、目がすごくうれしそうだよ、とは誰も言わないで。
「遠慮しなくて構いません。家族とは、そういうものなのでしょう?」
 あなたが大切にしてくれるように、あなたを大切に思っていると。
 あなたが愛してくれているように、
「わがままもたまには言って下さい。はやて。」
 愛しているのだと。

 あなたはもっと思い知って。

 はやてはもう一度、今度はゆっくり端から、3人の顔を見た。
 そして大きく頷いた。
「わたし、学校行ってみたい。連れてって!」
 すると3人は満面の笑顔で答えた。
「おまかせ下さい。」
「まかせろ、はやて!」
「楽しみですね、はやてちゃん。」
 顔を見合わせると、こつんと音がした。見やると、ザフィーラがテーブルの上に頭
を載せて、耳をぱたぱた言わせていた。はやてはその頭を撫でる。
「ザフィーラにもお願いな。
 でも学校って犬連れてっていいんやろか。
 ザフィーラはお留守ば―――。」
 言い掛けるはやてを遮って、ザフィーラは人型になって立ち上がった。しっかり耳
と尻尾も隠している。それを見て、はやてはにっと笑った。
「ザフィーラは格好いいお兄さん役で決まりやね。」