×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。
















 その眼差しを待っていた。
 西日に黒い睫が透けて琥珀色に輝き、深淵の瞳が黒く私を飲み込む一瞬。白い指先は私の頬に掛かる短い
髪を耳に掛けた。
 雲が光を掻いている。睫の合わさる微かな音さえ、やわらかく耳朶に触れる。洗練された白磁の頬が私に
そっと近づく。飲み込んだ吐息にそっと、彼女の香りが絡んだ。私はわずか、踵を上げる。名前を呼びたく
て、でも視線はその唇に吸い寄せられた。
 閉じた目蓋の裏で、夕日が町を焼いている。
 やわらかな口づけが、唇に降りた。