×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。
















言葉も、何も、何一つ表すことは出来ない。
それはただ、自分を慰めることにしかならないからだ。
「花火、食事にしよう。」
扉をノックすると、その固さに拳が痛んだ。
もし、こんな家でなかったらと、今はそう思う。
こんな屋敷ではなく、ただの安いアパルトマンであったらと。
アパルトマンのような薄い扉であったなら、きっと、
彼女が出て来るまでの沈黙がここまで鋭く突き刺さることはなかったろう。
「花火。」
呼びかけてから彼女が出て来るまでの数秒。
その永遠のうちに、私は祈る。
彼女がかすかにでも息をして、この扉から出て来ることを。