×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。
















窓際に座って彼女が本を読んでいる。
頬杖をつき、淡々と時折ページを捲る。
その紙が擦れる音は現れては図書室の影に呑まれていく。
金色の髪を透かし、頬に落ちる影は眩しい。
ガラスから染みだして来る春へと解けて行く冬の冷たさは、
その優美な曲線を描く頬に凛々しさを与えているようだった。
花火はその静寂を打ち砕かぬよう、
足音を潜めて彼女と向かい合わせになる椅子を引いた。
彼女は瞬きを一つし、ページをまた捲るだけで何も反応をしない。
だがそれが、自分を許容した証だと今ではわかる。
花火は本棚から持って来た古びた詩集を開き、
インクで綴られた文字に視線を落とす。
遠浅の海のような目が瞬きをする、その音が聞こえそうな沈黙が降り積もる。