×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。
















消えてしまうその音を、追い求めている。
難しい顔をしながら、グリシーヌはもう一度口を開いた。
その音を聞き、彼女は小さく笑う。
「まだfね。」
グリシーヌは眉間に皺を寄せると、唇を曲げた。
「そうか、難しいな。
 今まで口にしたことのない音を出すのは。」
グリシーヌはそう言うと、腕を組んで上を仰いだ。
天井には電燈がまだ光を灯されずに沈黙し、
室内を午後の日差しが満たすのにまかせている。
夕暮れがもう近い。
室内は金色に染まり、椅子に座った二人の影は長く伸びた。
グリシーヌは影を振り返る。
他の学生や教師とは異なり、
まるで北大路男爵や夫人が呼ぶように、

「グリシーヌ、そろそろ明かり、つけましょうか。」
彼女が切り揃えた黒髪を揺らし、グリシーヌを覗き込んだ。
眦を緩めた柔和な笑みがその頬に広がる。

あの影のように背が伸び大人になる頃には、

グリシーヌは頷いて、自分で席を立った。
長い影が天井近くにまで届く。
「ああ、そうしよう。」

その名を美しいあるがままの形で呼ぶことが出来るだろうか。

「   。」