×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。
















グリシーヌがテーブルに置いた紙袋に、花火は見覚えがあった。
午後の日差しが斜めに降り注ぎ、二人の影を床に投げかけていた。
紅茶から立ち上る二つの湯気が模様を描いている。
「貰ったんだ、一緒に食べないか。」
花火が問い掛けるより早く、グリシーヌは言った。
紅茶と一緒に突然、部屋に押し掛けて来たのに、断るも何もない。
相変わらずな所がおかしくて、花火は頷いた。
「えぇ。ありがとう。」
金色の睫は光に透け、瞬きをすると微笑みが頬を零れ落ちた。
瞳が花火を見つめる。
遠浅の海のような目から、花火は顔を背けたかった。