×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。
















その指先は絹糸の様に細かった。
白く、瞬きのうちに霞んでしまうその先端が唇の端に触れる。
糸と思ったそれは硝子の冷たさを湛えていた。
青い目がその精巧な細工を辿る。
石英のうちに溜まる日差しは薄らと色づいている。
誰でもない、自分の目だけが捉えることの出来る色を。
「グリシーヌ。」
声は旋律であり、詩でもあった。
大気を伝う間だけ生き、耳の中で永遠となる一息。
グリシーヌは己の声となる空を吸った。
肺を伝い、喉がたった一言の想いを紡ぐ、その一瞬。
やわらかな唇が、その息を浚った。
触れる吐息が音もなく溶け合っていく。