×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。
















やわらかな指の腹で、白磁の頬に触れた。
薄く透き通る肌は生命の気色が滲み、薔薇の赤みを灯している。
もし、彼女の魂をーーそう、生きる者だけがもつ彼女の無限の迸りを名状するには、
胸の淵を叩くこの熱全てを以てしても足りないだろう。
「花火。」
熱く、そして弱いあなたが私の名をこの世に顕す。
わずか刹那の過去には、私と触れ合っていた筈の唇は、
もはや私など置き去りにしている。
遠浅の海を閉じ込めた瞳が、私を見つめて瞬きをする。
睫の先に絡む金色の粒を、陽光の結晶を口にしたくて、
私は背伸びをしてそのまぶたに口づけた。
睫の合わさる音が聞こえる。