×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。
















 尊い任務だ。
 腕を引き抜き、彼女は電灯の元にその身を晒した。蒸れていた汗の匂いが立ち上り、熱が流れ落ちてい
く。厚手の戦闘服、市井の何年も先を行く技術で以て作られた最後の鎧。裂傷や熱から身を守る最後の一
枚。
 床に脱ぎ捨てた上着の釦に、鈍く自分の裸体が映っている。
 歪んで人の形をしていない色の塊、その左肩から脇腹に青黒い帯がかかっている。彼女は目を伏せた。
皮膚の下で、体内で溢れた血液が斑な模様を描いている。肩から脇腹まで。鈍い痛みを伴って。
 理由もあり、誇りもあり、仲間もあったとして。
 そこに希望を見たとして。
 あの愛すべき友を、本当に、戦いに巻き込むべきだったのだろうか。

 彼女は奥歯を噛み締め、シュミーズに腕を通す。