×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。
















目が合った瞬間、その端正な顔に皺が刻まれた。
その場で踵を返すべきか、確かに頭の前の方は悩んだが、体は勝手にそのまま歩き続けていた。
シャノワールのエントランスホールにはやや不規則な靴音が響く。
反響する音がロベリアの頭を四方から叩いた。
頭がやや痛みだそうとしているが、気分は上々だ。
目の前に立ちはだかる存在を無視したなら。
「貴様、また朝まで飲み歩いておったのか。
 貴様には華撃団としての自覚や自制はないのか!
 レビュウの練習もあるのだぞ。」
肩で風を切って、彼女を横切る。
そう思って意思の鈍い体を動かすロベリアの腕を、彼女の手が掴んだ。
「聞いておるのか!」
コート越しにも伝わる強い力を、酔ったままでは振りほどけない。
ロベリアは仕方なく肩越しに振り返った。
覚めるような青い目がロベリアを睨んでいる。
「っせーな、まだ練習まで三時間あるだろ、なんとかなるよ。」
温い声はろくに飛ぶことなく、床にぼろぼろと落ちる。
「アンタも毎度毎度いちいち・・・ひまなんじゃねーの。」
どうにも目を開いていられない。
ロベリアは目を伏せ、やや俯いて額を掻いた。
「大丈夫なわけあるまい!
 なぜ、常に万全の状態で臨もうとしないのだ、ふざけているのか貴様は!」
彼女が一歩、ロベリアに踏み込んだ。
薄く開いた目で覗いたその動作に、頭の中で一音鳴った。
「てめぇはどうなんだよ、万全なのかよ。
 その右足さぁ。」
息がアルコール臭い。
二日酔の約束された肉体は吐き気と共に思考を削ぎ落としていく。
右足、そう、右足の動かし方が、いつもと違う。
「あぁ、昨日のでどうかしたのか。」
ゆっくりと瞬きをすると、昨日のことが脳裏を流れる。
自分は戦闘には参加していないから、ただの推測だった。
目蓋が重い、右目を瞑ったままロベリアは彼女を見下ろした。
「仲間を助ける、名誉のための負傷だ。
 私はこのために、レビュウや任務に支障はださん!
 貴様とは違う。」
グリシーヌは明朗に言い放った。
相変わらずの説教臭さだ。
「意味わかんねぇ、名誉もくそもあるかよ。
 てめぇのことに比べたら任務なんて他人事だろどうでもいい。
 アンタひとりで勝手に命でもなんでも削ってろよ、うっとうしい。」
口からだらだらと零れた言葉の意味なんてもの、ロベリアはすぐに手放した。
拾ったグリシーヌの顔は歪む。
「そうやって何もかも受け流す、貴様の方が人生を無駄にしている。
 わからないのか。」
グリシーヌが解き放った言葉がロベリアを貫く。
だが体には元から風穴が空いていて、その他の音声と同じように、彼女のことも擦り抜けさせた。
「てめーの考え押し付けんなよ、離せ。」
手首を捻っても彼女の手が緩まず、その眼差しが揺るがない。
怪我をしているであろう右足を横から蹴って転ばせたとき、
痛みに顔をしかめる彼女を見下ろして初めて腹が立った。
丁度、足が当たったそこが傷口だったのか、強くその傍を握るその両手に細い筋を浮かばせて、
床に座り込んだまま、グリシーヌはそれでもロベリアを見つめた。
「そなたは、なぜ。」
呟いた額に、ただかなしい影が差している。